バインダー
無線とじ機のこと。(perfect binder)A印刷紙や書類を綴じ込むため,特別に作られた表紙(ファイル・バインダー mechanical bind)。参照図
帯紙のこと。
剥ぎ皮 rip skin
完革(まるかわ)を2〜3枚に割った革をいう。
箔 foil/leaf
箔とは金属を薄く紙のように圧延した物(金箔,アルミ箔,銅箔、錫箔など)。転写箔(hoto stampig Hoil)は、本・手帳・アルバム・紙器・プラスティック製品などに箔押しの材料として広く使われている熱転写箔を総称して箔と呼ばれる。 転写箔の種類と用途・特徴
箔押し hot stamping/hot press
熱転写箔を用いた転写印刷の一種。機械と金版により箔に熱と圧力を加えて素材に箔を転写する方法を箔押しという。箔押し機は加圧方式によりアップダウン式・シリンダー式・ロール式があり、簡単な手動式から半自動機、全自動機まである。又、箔押しの特徴として平面だけでなく,円周,2次,3次面にも容易にできることである。
箔下液
箔押しするときに用いる接着剤。
白色カーボン
感圧カーボンのこと。
白土(はくど) china clay
天然の白色顔料。成分や性質は産地により不定であるが、主成分はアルミニウムの珪酸塩である。
函(箱) slip case
本を保護するための紙函。機械箱と貼り箱がある。差し込む物を「函」、共蓋式(重箱型)の物を「箱」と区別して呼称する。参照図
箱合わせ
複写合せのこと。
箱貼り
厚表紙を貼るとき背文字を透かして貼る方法。
羽衣マーブル comb marble
マーブル取りの一種。絵の具に黄・赤・青の3色を用いて、逆8の字を描いてマーブル液をととのえ、櫛を横に引いて出来上がる。
柱 headline
書籍や印刷物の余白部分に入る見だし。書名・章名・編名・節見出しなど。袋綴じの和本では、各丁の折り目に、書名・巻数・ページ数などを刷り込んだものをいう。
バックカーボン
紙葉の裏にあらかじめカーボンを印刷して複写が取れるようにした複写伝票。
バックラム buckram
製本の表装に使われるクロスの一種。厚手の綿織物を使用して生地目を多少浮き出させながら仕上げた落ち着いた感じを表している。
バックスキン back skin
製本装丁に使われるバックスキンは、小牛革か山羊革を軽石ややすりなどで丁寧にけばだたせたものを用いる。高級な豪華本の装丁に使われる。
バックルタイプ
参照→羽根折り
バッケ出し
丸み出しの英語バックラウンディングが訛ってバッケになった。バッキングと同意。
鳩目 eyelett/eyelett perforation
靴や紙バサミ等の紐を通す丸い穴。カレンダー・加除式本の表紙・アルバム表紙などの紙工品にも鳩目は多く使われている。またこの小穴に打ち付ける環状の金具。
鳩目潰し
鳩目を止めるため鳩目金具の裏側をつぶして菊の花のようにする。
花布(ヘドバン) head band
上製本の中身の背の上下の両端に貼り付けた飾り布。本を丈夫にするとともに装飾の為に行われてきた
パネロン paneron
不織布をベースにしてクロス加工し製本適性をもたせた、マット調で新しい感覚に仕上げたクロス。
パピルス papyrus
北東アフリカ・中近東に分布するカヤツリグサ科の多年草。湿地に生え茎の高さは2〜2.5mになる。古代エジプトで紀元前3000年頃にパピルスから紙に似たものを作り出された。パピルスはpaperの語源ではあるが「紙」とは異なる。
ハブ hub/raised band
バンドのこと。
羽二重(はぶたえ)
絹織物。製本装丁には薄手の生地が使われる。よって厚めの紙が裏打ちされる。
パラ掛け
小口装飾の一種。小口面に霜降り模様を柄掛けすること。
パラ伝票
背固めも綴じもしない、パラのままで完成した伝票。
針金 wire
針金綴じ・中綴じにつかわれる針金。
針金綴じ wire stitching
針金により折丁やペラ丁を綴じ付けること。針金綴じは、平綴じと中綴じがあるが「針金綴じ」は平綴じに限定して言われることが多い。
貼り見返し pasting end-paper
巻頭と巻末それぞれの折丁に、二つ折した見返し用紙をノドの部分で貼り込む。
貼り見出し tap index
本の前小口に小さな紙片などを貼って索引としたもの。
パレット pallet
貨物の格納・運搬用の荷台。
判 format
紙、本、紙製品などの大きさをいう。A5判・B3判・四六判等の言い方をする。
ハンガー
天吊りカレンダーに使用される吊り下げるための棒。
判型 format
書籍・雑誌・ポスターなど、紙加工品の仕上り寸法と形態のこと。日本工業規格JISではA列とB列がある。
番号入り伝票
一連番号を印刷した伝票。
半紙
小形の杉原紙(のべがみ)を半分に切って使用したのでこの名がつけた。縦24〜26cm、横32.5〜35cmの和紙。半紙は1帖200枚を一束(いっそく)、200束を一〆(ひととめ)と数える。
版芯 
袋とじ和製本の小口や和罫紙の折り目の細長い部分をいう。
半袖
無双帙の仕立て方の一種。帙の中蓋が半分になっているもの。
パンチ穴 punch hole
伝票や紙葉を綴じるために明ける穴のことで、ふつう穴の中心から中心まで80mmの二つの穴をいう。
バンド  hub/raised band
表紙の背にバンドをかけたように隆起した部分をいう。
半複写
長短の紙葉からできている複写伝票。1セットの伝票で寸法の異なる用紙が含まれる設計になっている。
パンフレット pamphlet
仮とじの小冊子。折丁のまま化粧断ちして完成する綴じていないものもある。カタログとともに代表的な商業印刷物。