平行折り
直角折りではなく、一折りの折り目に平行に巻き折りすること。
ページ付け
ナイフ折りのこと。
ページもの
一枚刷りのペラ印刷物に対して、ページ数の多い、形式の一定した印刷物。製本して仕上げる印刷物のこと。
ベタ間紙(べたあいし)
前後のページと同じ大きさの紙で間紙すること。
ベタ糊
全面に糊を引いて接着させること。一部分を接着させる糊差しや口糊に対していう。見返しの糊いれ、表紙貼り、貼り合わせ絵本等に行う。
別丁 inset/supplement
本文(8ページ以上の折り)とは別に印刷された付属印刷物。口絵・扉・中扉・図版・折り込み等。
別丁足継ぎ
二つ折りなどの別丁を見開きになる絵画・写真・地図などは10mmほど綴じ代(とじしろ)を継ぎ足しする。綴じられた見開きページに比べ各段にみやすい。
ヘドバン(ヘッドバンド) headband
花ぎれのこと。
紅刷り絵(紅絵)べにすりえ
江戸時代に行われた多色刷り版画。
ペラ(ペラ丁) two-page
折っていない枚葉のままの刷紙。表裏二ページである。
ペラ丁合い leaf gathering
ペラ丁を丁合いすること。事務用製本やカレンダーの丁合いはペラ丁合いである。
ベラム調
生地目を強調せずに平滑に艶をつけた布クロス。プレン調のクロスと同様、水分に微妙に反応し、伸び縮みの激しい性質をもつ。
ペン
手帳の鉛筆さしのことを手帳製本では「ペン」と言い習わしている。背ペン・前ペンの二種がある。
変形判
四六判・菊判・ワイド判等が変形判。日本工業規格(JISP 0138)の原紙寸法で四六判・菊判の規格は定められているが、紙加工仕上寸法の規格としてはないので、規格外寸法として扱われる。