生き restoration
校正記号の「いき」が普通の使い方。製本所によっては、断裁面をそのまま化粧断ちとするときなどにも言う。
異形
「変形判」の事。
異形判
「変形判」の事。
移行現象 migration
①塗膜に含まれる顔料が表面に移り出てくる現象。表面を布などでこすると、顔料が布に付着するのでわかる。②可塑化プラスティックと接触する他の物質に可塑剤が拡散・浸透するのでわかる。③箔押、とくに顔料箔は耐性の強い箔を選ぶ。
石摺り rubbed copy
石碑文の文字などを油ずみで紙に摺りとったもの。地は黒く文字が白く抜ける拓本。石刻本などを言う。亦は、表紙用の革を本染めしたあと、石で表面を処理して艶出しを行う事。主として羊皮の吟皮のときに行う
イスラム装丁
インドやペルシヤ・トルコ等のイスラム諸国で16世紀頃から行われた装丁様式。表紙材料に皮革をもちいてくるみ、その上に漆や金箔などで装丁する。
一折り
最初の一折りのこと。一折りで4ページになる。
一部抜き
製本を始める前に、表紙・扉・口絵・本文・見返し・カバー・売上カード・広告等、一冊を構成する刷物から搬入された時点で1枚ずつ抜き取ること。
一枚折り
印刷紙を一枚ずつ取り出して折る。「試し折り」一部抜き折り」である。
一枚断ち
印刷の見当不良や面付け不良の場合に行う作業。
一枚貼り
刷りこみ機械で貼る事が困難な薄紙等を、ノド際背から2・5mm逃がして手で貼る作業。扉・口絵・図面等の体裁を整えるために、その上に被紙(覆い紙)として薄葉紙・和紙・グラシン紙等を貼る。
銀杏(イチョウ) joint grooving iron
製本加工に使われる道具。鉄製のコテ(鏝)。手作業で上製本の表紙をくるむ際に使われる。
銀杏機械 joint pressing machine/forming machine/building-in machine
手作業で表紙をくるんだ本のノドぎわ溝の部分に、かねつされた上下の堅刃によって加圧して表紙と中身を密着させる。溝付けと接着を目的に行う。
一方積み
「棒積み」。同一方向に積み上げること。
一本押し
筋付けのこと。
一本断ち
断ち切りのこと。
糸かがり thread sewing/back sewing
丁合された巻頭の折丁から最終折丁までを綴じ合わせる事を言う。「手綴じ」と「糸かがり機」による機械とじの2種がある。
糸ミシン綴じ saddle sewing
預金通帳やノートのとじ方。一冊の見開き中央をミシン掛けして綴じる。
いぼたろう
小口装飾の艶を出すために用いる。いぼた虫の糞と和蝋(わろう)を混ぜて作る。
炒り糠
ドイツマーブルの模様付けに用いる。米ぬかを焼いたもの。
色染め(色付け・色塗り) edge coloring
小口装飾の事。
色付け小口 colored edge
本の三方に色付けしたもので、小口装飾と汚れ防止のために行う。
色天(青天)
青糊も同じ。伝票製本の背固めに着色された接着剤を使ったり、染料で着色して仕上げると色天・青天・青糊になる。
色箔 colored foil/color foil
各色の顔料を粘着剤で固めロール箔に作ったもの。枚葉のものは生産されなくなった。
色磨き
色染めした小口を充分に乾かして牙・メノウ石等を使って磨いて光沢を出す。
色吉(いろよし)
本金箔の一種。金箔上澄合金歩合表中の三歩色のものをいう。
インキ押し ink stamping
各種の箔押のかわりに、色インキを用いる方法。
印行名colophon
印刷物を製作した会社の名前。
印刷見当(印刷見当合わせ)
すりを本の正確におるため、印刷面を見当の基準にして折ること。
印刷表紙
クロスに箔押しした表紙ではなく、印刷した表紙。
員数 counting・員数機 counter
数を数えるという意味。機械は大蔵省印刷局で使われていた紙幣(おさつ)の枚数を数える機械が製本所で使われている。
員数丁合い
各台の紙数亦は折り本を、一定に員数しておいて丁合する方法。
インチ飛び
平ミシンのさい糸の綴じ目を1インチ(約25cm)ずつ飛ばして縫う事。