クーター back lining/paper tube
上製本において、束の厚い本または突き付け表紙などの背固めに用いる筒状の背紙。クラフト紙を用いて本の背幅に合わせて筒状に貼る。帳簿製本の背くるみでも、クーターが表紙背の裏に付けられる。
偶数ページ left-hand page/verso
図書出版物につけられた偶数のページ。横組みなら見開いたとき左ページが偶数、縦組みならば右ページが偶数ページになる。見出しを改めて新しくページを起す場合、偶数ページから版を組みはじめることを偶数起こしという。
釘合わせ
複写合わせのやり方。
草双紙(くさぞうし)
江戸時代の挿絵入りの読み物。お伽草子・公(きん)平本に始まり、赤本・黒本・青本・黄表紙などの小説いっさいを草双紙といったが、文化・文政囲碁は1冊5丁の数冊を合本した合巻のものを意味するようになった。
クサリ
帳簿の刷本を重ねて二つ折りにし、折り上げたものを「ひとクサリ}という。
癖(紙くせ、折りくせ、反りくせ)
紙の折りぐせ、クロスの巻きぐせ、合紙の合わせぐせ、表紙貼りのそりぐせ等をいう。これらの「癖」を正しい状態に復することをくせとり、くせなおしという。くせとり機がある。
口絵 frontspiece/head piece/vignette/cut/illustration
書籍や雑誌などの巻頭に載せる絵や写真類のこと。書籍の場合、扉の次に入るのが一般的で、アート紙かコート紙が多い。巻子本の場合は巻頭に口絵があり、唐の金剛般若波羅密多経の「釈迦説法の図」は現存する最古の口絵である。
口糊 edge gluing/edge pasting
表紙と見返しを接着させる方法の一つ。前小口の一部(幅15mm)に糊を塗布して表紙と見返しを接合させる。
組む collate/gather
組み合わせて一揃いとすること。一冊を構成する全部の台を揃えて1冊分ワンセットにする。
組はがし
二枚以上で1組となっている複写伝票。または2枚以上で1組となっているペラ丁合された印刷物。
参照→セットもの、セパレートワックス、ワンセット伝票
雲形
マーブルやクロス模様の一種。金箔などの鮮明度を欠いている状態。
鞍綴じ saddle binding/saddle stitching
中綴じ製本のこと。表紙と中身とを同時に丁合し、これを二つ折りにした背の部分を針金で綴じた製本様式。古い製本用語である。
クランプ clamp
バインダーが丁合いのミーリング・背加工・のり付け・表紙くるみ・表紙プレスする間、各工程を移動する中本をしっかり掴んで保持している装置。バインダーの外周にあるレールにガイドされて、チェーンによりクランプが稼動する。クランプには、ラック&ピニオンギアにより平行に閉まるタイプと、アーム式(板バネにより本を挟み込んで保持する)がある。
グルー glue
接着剤。アニマルグルー(にかわ)、コールドグルー(エマルジョン)、ホットメルトグル-がある。
くるむ・くるみ casing-in
製本作業の中で、中身に表紙を取り付ける作業。または表紙で中身をくるむこと。くるみによって、中身と表紙の背の部分または溝の部分で接合する。上製本、雑誌製本の針金とじ表紙くるみ・無線とじ表紙くるみ、伝票製本における背巻き(クロス巻き)等、中身を表紙がくるんで本になる。
くるみ機械 casing-in machine
上製本用の表紙くるみ機。
くるみ製本 hardback/hardcover/casebound book
ボールの付いた表紙で中身をくるんだ製本方法。
くるみ口糊(くるみ小口糊) edge pasting
口のりのこと。
くるみ継ぎ表紙
塗工紙に多色刷りされた表表紙(1・2p)と、上質紙に1,2色で印刷された裏表紙(3・4p)とが背と平の境で継ぎ合わされた表紙。
くるみ表紙 glue-on cover/paperback/softback/softcover/softbound book
仮製本の表紙の一つで「おかしわ(柏)」とよんでいた。一枚の表紙材料で中身をくるんで三方を仕上げ断裁して仕立てた本。くるみ表紙はパンフレットや雑誌、文庫本に多く、中身は糸かがり・アジロとじ・無線とじされた上から表紙でくるむ。
クロス cloth/cover material
装丁用の材料。織物を基調とした生地に染色加工を施し、薄紙で裏打ちした布クロス、染色した塩ビをを生地に用いたビニールクロス、紙にラミネート加工やエンボス加工した紙クロス、あるいはレザークロス等がある。
クロス折り cross fold
直角折りのこと。
クロス巻き stripping
切り付け表紙の背にクロスを巻く作業。
グロリエ式装丁 Grolier style binding
フランスの愛書家ジャン・グロリエがその趣味に合わせて製本させた装丁様式。幾何学的な線を巧みに利用したもの、唐草模様に幾何学的な線を配合したもの等があり約8000冊の蔵書を持っていたという。
咬え(くわえ) gripper end
枚葉印刷機が給紙するさい、紙の端をツメでくわえるように引いたりタコで紙の端を吸って紙を搬送する。この紙端をくわえという。