見返し end papers/end leaves/end sheet
書籍の中身と表紙をつなぐために表紙の内側に貼る紙。中身を保護するためと本の耐久力を保持する大切な役目を持っている。使われる見返し紙の厚さは、本文用紙より厚手で丈夫な紙を、本の仕上がりに対して縦目に用いる。表紙の裏に貼り合わせる方を「見返し紙」、もう一方の貼っていない紙を「見返しの遊び」という。見返し用紙は、本の大きさ・束の厚さに相応した104.7g/u以上。上質紙・特殊用紙・襖紙・マーブル紙などが使用される。
右開き(みぎあき)
本を開いたとき右側のページから左側のページへノンブルが増えていくものはページを右側にめくっていく。これを右開きという。表紙製作の指示をするときは右開き・左開きの区別を明確にしておく。
ミシン perforation
切り取りミシン、スロットミシン、スリッターミシン、ラインミシン、マイクロミシン、丸ミシン、印刷ミシン、折りミシン等がある。
ミシン綴じ thread stitching/sewing
糸ミシン機によるミシン綴じは、幼児用絵本やノートブックなどの中ミシン綴じ・平ミシン綴じ・本製本(上製本)のミシン綴じ見返しで行われる。図書館製本で雑誌の合本を行うときに、いったん本の背を断ち落としてぺラ丁合した本と同じ状態にする。これをジグザグミシンで綴じる。
溝 joint/hinge
板紙を芯にした表紙を開きやすくするために、平と背の境目にある溝の部分。
溝つき french joint/open joint
「溝」のついた本。上製本の一般的な製本様式。「突き付け」のように厚表紙の平と耳を密着させず、空きを作り本の開きをよくした。みぞ切り表紙ともいう。
見出し
@書籍・帳簿の中にある事項を見つけるのに便利なように設けた題目。インデックス index A辞書で項目を示す部分。電話帳等の検索用の索引と似通った見出しもある。
見出し抜き(見出し切り出し) index cutting/thumb index
索引、インデックスをつけるために行う小口加工。
道皮
折丁の折り目であるクサリとクサリを皮の平紐(フグ皮・三味線皮等。幅15cm位の平紐)で繋ぎ、その上を糸かがりする。この皮が道皮。
三つ折り
巻き折り。2度折って三つにする。「3度折り」とは違う。一方を逆折りしたものは「外三つ折り」という。
三つ目綴じ
和綴じ様式の一つ。和本の綴じ目は四つ目が基本であるが、三つ目綴じは綴じ目を三箇所作り、綴じ糸を真ん中のところで堅結びして綴じ糸の両端を適当な長さに残しておく。
ミニ折り
仕上がりが小さな判の折りのこと。薬品の効能書き・各種取扱説明書など。複雑な折り加工を特徴とする。
見開き(見通し・中開き) spread
@書籍・雑誌等を開いたとき、向かい合っている左右ページを見開きという。A会計帳簿類の見開き両ページには同一のノンブルがはいるものがある。2ページにわたって一つの書式になっているので、見開きで一ページと見る。無線綴じによる製本が多くなり、見開きの良いホンが近年とくに求められている。
耳 back edge/joint/hinge
上製本。中身をバッキング機の万力に締めつけ、背を両側に押し広げたとき万力の締め板からはみ出す部分がある。中心から左右の端に向かって叩くと角ばった隆起ができ、これを耳という。表紙との接合を強くして本の見開きもよくなる。本の形を保つうえで必要。
耳折り装丁 circuit edge
革表紙のチリの部分を大きくとり小口の三方を包むように作った特別の装丁本。本の小口の保護と装飾が目的。
耳出し backing
バッキングのこと。
耳付き紙 deckle-edged paper/featheredged paper
周囲の仕上げ断ちをしないでふちを漉きあげたままにした紙。雅味のある挨拶状・書籍などに用いる。