熱圧着(カレンダー)
カレンダーの新しい製本方法。カレンダーの紙葉全ての天の部分に30mmほどの幅で帯状にあらかじめベタ刷りしておき、このベタ刷りの部分を製本のさいに加熱・加圧して丁合カレンダーを接合する方法。天金具を使用しない環境にやさしいカレンダーとして採用が増えている。
熱可塑性 thermoplasticity
常温では塑性を示さないが、加熱すると塑性変形しやすくなり、冷却すると再び硬くなる性質。金属・ガラス・合成樹脂等に見られる。
熱硬化性樹脂 thermosetting resin
加熱により重合して硬化する樹脂の総称。