細紙・細紙貼り strip
帳簿製本、図書館製本では、本の上部と下部が特に傷みやすいので、和紙(細川紙が使われることが多い)を折丁の上部と下部のクサリに貼って補強する。これを細紙貼りといい、使われる和紙が細紙である。
彩色紙
色紙のこと。
彩色本 illumination book
写本や刊本のイニシャルや飾り輪郭の図案に極彩色を施すこと。ヨーロッパ最古の彩色本としては4、5世紀のものが残っている。我が国の彩色本としては、12世紀平安朝末期の厳島絵巻、江戸時代初期の奈良絵本などの巻子本がある。
再生紙 recycled paper
回収した古紙を溶解し、再び漉き直した紙。バージンパルプも新たに加えるが、その比率が比較的少ないもの。
再製本 rebound
図書館製本が行う合冊(がっさつ)、修理、改装等、製本しなおすこと。「諸製本」である。
裁落(さいらく) chip/offcuts
製本が仕上がるまでには多数の工程があり、紙は何回も断裁にかけられて不用部分は切り落とされていく。刷り本から断ち落とされた不用の部分が裁落である。
嵯峨本(さがぼん)
17世紀はじめに、京都嵯峨で角倉素庵(すみのくらそあん)が刊行した木活字版印刷本。雲母模様を摺り込んだり、彩色した挿絵をいれたものもあって美しい。角倉本ともいう。また本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)が装丁の意匠を行ったり版下文字を書いたことから光悦本ともいう。
差し
物差しのこと。
差し替え番号
丁合番号のこと。修正・補修のときに差しかえる。
差し込み insert/inset
別丁を折丁の中に入れること。折丁の真ん中に入れる入紙、中身を表紙から取り外し出来るようにした差込式の袋物等が「差し込み」である。
尺目(差し目)
物差しに盛った寸尺の度。
雑誌 magazine/periodical
一定の誌名のもとに各種の記事を編集し、定期的に刊行する出版物。刊行サイクルにより週刊誌・月刊誌・隔刊誌・旬刊誌・季刊誌・年鑑・年刊等がある。不定期刊もある。
冊子本 booklet
のりや糸でとじた書物の総称。狭義には粘葉装(でっちょうそう)・袋とじ本の2種類に限るが、広義には旋風葉(せんぷうよう)・列帖装(れつじょうそう)などがある。双紙(そうし)の語源だといわれる。
三六版(さぶろくばん)
規格外の本。B判40取り、天地180mm×小口105mmのもの。新書本の大きさである。
更紗紙(さらさがみ)
幾何模様を型押しで染めたマーブル紙のこと。
三三判
JISP2020規格外の原紙寸法の一つ。697mm×1,000mmをいう。
三四判
普通、ハトロン判という。JISP0202に定められた原紙仕上がり寸法の一つ。原寸法は菊判の倍判。900mm×1,200mm。
酸性紙
ぺーハー3.0〜5.5を示す酸性度の強い条件下で作った紙。褪色しやすく保存性に劣る。
三方染め edge colorring
天地および前小口の三方に染色したもの。