背 back/spine
本の綴じ側、前小口の反対側を指す。仮製本の書籍では背は直角に仕上げるのが普通。中とじ・ノート製本は丸山の背である。上製本(本製本)は丸背の場合と角背の場合がある。
背空き case clearance
上製本の表紙の背が中身の背に接している部分で、芯ボール(板紙)がどれくらい空いているか、その空き具合をいう。中身を背貼りした背幅と溝の寸法を加えた寸法である。
製函機(せいかんき) case clearance
折り畳み箱を作る機械。
正誤表 errata leaf/corrigenda
誤りを訂正した表。巻頭か巻末に入れる。正誤表は本文と同質の用紙に、文字の大きさ・書体等も訂正個所と同じに印刷して、読者が自分で切りとって誤りの箇所に貼れるように作る。
製袋(せいたい) bag making
封筒・紙袋および各種充填用パウチなど、袋状の包装材料を製造すること。
製本 bookbinding
刷り本を順序に従ってまとめ、読み易いようにお互いに接合すること。分類:発祥地域によって東洋式の和漢装本と西洋式の洋式装本。用途によって出版物製本と事務用品製本。生産量によって数物製本、図書館製本(諸製本)、創作製本(ルリユール)に分類する。様式によって上製本(本製本)・仮(並)製本に分類できる。これ以上の説明はこちら→東京都製本組合ホーム
製本業
やはりこれもこちらへ→東京都製本組合ホーム
整理番号
ナンバーリング(番号印刷)した記号。
背固め
<上製本(本製本)>パッキングされた中身の背は、パッキングローラー(またはジョイントアイアン)の強い圧力で締めつけて固定されて、下固めに使われた接着剤の皮膜は破壊された状態になっている。これをしっかりと固めるために再び背に膠を塗り、その上に寒冷紗、花布、背紙などを貼って、糸とじされた折丁の背を互いに密着させること。<事務用製本>伝票類の製本は、化粧断ちして奇麗になった切り口の面に接着剤を塗布して背を固めること。
背固め(事務用製本)
伝票類の製本は、化粧断ちして奇麗になった切り口の面に接着剤を塗布して背を固める作業のこと。
背紙 backlining paper strip
本の表紙の背の中央部分に貼りつける地券紙・クラフト・板紙。
背革 back leather
本の背の部分に使用する革。継ぎ表紙の中央部分に貼る革のこと。背部から平の箇所に掛ける。羊革、小牛革がよいとされる。
背クロス back cloth
継ぎ表紙に使われるクロス。針金平綴じの切り付け表紙に使われる背巻きクロス。伝票・帳票等の背巻きに使われるマーブル模様を印刷したテープ状の紙クロス。粘着剤をつけたタック状のテープや平判のものがある。
背丁 signature name
背丁は刷り本の区分を表示するために書名・巻数・折り丁などを背の上部に印刷したもの。
背継ぎ表紙
装丁上の好みや補強の為に、革や布クロス等を背と平の一部にかかるように継ぎ合わせて仕立てた表紙
Z折り Z folding
通称12ページ折りと呼ばれている折り方。
背とじ
中とじのこと。
背見出し
ノート等の背の上部に見出し紙。
セルリング綴じ mechanical bind
あらかじめ本のノドの部分に多数の綴じ穴を開け、その穴に専用の道具か機械でリングを通す。
線装本
和漢装本の四つ目綴じ、高貴綴じ、亀甲綴じ、麻の葉綴じ、唐本仕立ての等の総称。
旋風葉(せんぷうよう)
和漢装本の一種。折り本の背の部分を糊付けしたもので、本文がバラバラにならないように一枚の表紙で前後に糊付けして背を包む。
染料 dyes/dyestuffs
天然の色素、または石油系・コールタール系の芳香炭化水素を主原料にして作られる合成染料。