地合 texture formation
紙を構成している繊維組織の均整の程度。
仕上げ代 trim off/trimming margin
化粧断ちで天・地・小口等の断ち落とされる部分。
栞 book-mark/tassel/spin/ribbon/marker
スピン・リボンともいう。
紙器 carton/paper container
板紙を用いて印刷・成形加工した包装容器。折り畳み箱・組み立て箱・貼り箱はじめキャリアカートン・ディスプレイ・紙管・紙トレー・紙カップなど様々。最近ではプラスッチク材料をラミネートした紙器も多い。
ジグザグ折り zigzag fold
山と谷が交互になる折り方。特殊折りの一つ。お経の経本がこの折り方なので経本折りとも言われる。
下・・・
製本用語で下・・・という場合、前もってすること、準備、試み等の意味で下が使われる事が多い。下固め、下揃え、下仕事等。
四手(紙出)
古紙・裁落紙の関西の言い方。
辞典用紙
辞典・薬品・化粧紙の効能書き等に使用される薄い印刷紙。
紙粉(しふん) paper dust
紙面にある粉末状のごみ。
斑点(しぼ) grain
皮から毛を除いたぶつぶつの肌目(きめ)。擬革紙は人工的にシボをつける。
四方化粧
白紙の断裁技術。寸法統一、菱形修正を目的とする。
四方化粧二度立ち断ち
白紙の断裁技術。寸法統一、菱形修正、紙粉除去と、四方角を直角に仕上げることを目的とした化粧断ちの方法。
四方帙(しほうちつ)
和本装丁の一つ。同じ著者の複数の本、または傾向の似た本を一つに纏め、収納、保護、、保管する目的で考案された。
事務用製本
伝票製本が本来の意味だったが、現在はもっと広義に、中綴じや無線綴じとする軽印刷製本等も含めている。製品としては伝票・帳票・メモ帳・会社内の文書・ページ物・パンフレット等々、多岐にわたる。
締め押し pressing/nipping and smashing
印刷物を落ちつかせるため加圧する作業。
霜降り小口 frost edge
パラ掛け。本の小口面を染めたもの。小口装飾の一つ。
紗(しゃ) gauze
目の粗い織物。スクリーン印刷版に使用される。ガーゼである。
洒落本
江戸時代の明和から天明にかけて江戸を中心に発達した小説本。一般に半紙四つ切り大の小形本。こんにゃく本、油揚げ本ともいう。
袖珍 pocket book/pocket edition
袖の中に(着物の)入るほどの小形なので袖珍本といった。現在の文庫本、ミ二本等にあたる。
柔軟装丁 soft cover/limp binding
表紙に柔らかい革やクロスを使い、薄い紙を芯にしたしなやかな本。薄表紙でもある。
柔軟背 flexible spine
硬背に対する「柔軟背」。
帖装本
刷り本・折り本・画帖・集印帖・旋風葉の総称。(和本の)
生麩糊(しょうふのり) wheat starch
小麦粉を蒸煮して作った糊。和本仕立てや表具仕立て等に用いられる。
書籍折り
ナイフ折りのこと。
四六判(しろくばん)
本の規格外の仕上げ寸法。出版社によって微妙に寸法の違いがある。小口132mmx天地188mm、小口130mmx天地194mmが四六判として印刷技術書等に説明されている。
白ヤレ
白紙の損紙。
皺紙 wiping-off paper
製本の背固めに用いる厚手のクラフト紙。
新色吉(しんいろよし)
金を使ってない金箔(着色箔)の一種。
芯紙 board
貼り表紙の芯となる紙。
新書判
B全判40取り規格寸法外の単行本。仕上がり寸法 小口103mm×天地182mm。
芯継ぎ
薄表紙のとき表紙の背あきを等間隔にするため、ノド紙でつなぐこと。