スイス ブローシュア swiss brochure
オタバンドに似た無線とじの様式。見開きを良くするために本文の片側のみに横糊を入れて表紙をつないでいる。参照図
スエード革 suede leather
表皮を擦り減らして柔軟に鞣みあげた山羊革。
スキニング
皮貼りのこと。
筋入れ・筋付け・筋押し scoring/creasing
板紙等の厚紙に折り筋を入れること。表紙・箱等の開閉する部分にあらかじめ筋を入れて、開閉しやすくする。
スパイラル製本(スパイラル綴じ・スパイラルリング) spiral binding
スケッチブック、ノート、カレンダー、ダイヤリーなどスパイラルにより綴じる製本方法。
スピン
スポットカーボン
伝票印刷でバックカーボンを入れるが、複写の必要な部分にだけカーボン印刷したものをいう。
角切り corner cutting
記録カード、索引カード等のパンチカードや角丸の書籍等は角切りしている。角がまくれやすかったり、くっつき、紙の損傷を防ぐ。
刷り紙・刷り本 printed paper
印刷所から入荷してきた断裁・折りもしていない紙のこと。印刷紙ともいう。
摺経(すりぎょう) printed Buddhist scripture
木版刷りの仏教書。
スリッターミシン slitter/perforation
切り取りミシンを入れる方法の一つ。回転する圧胴に円形のミシン刃を圧接し、その間に用紙を1枚ずつ通して切り取りミシンを入れる。
スリップ
売上げカードのこと。
摺佛(すりぶつ) stamped Buddha's block
古代版画。阿弥陀や毘沙門天の像などを刷ったもの。印刷紙は薄紙。仏像の体内に納められている。
駿河版
徳川家康が元和1年(1615年)、金地院崇伝や林羅山らに命じて駿府で発行した銅活字(朝鮮渡来)による書籍。「大蔵一覧表」「群書治要」がある。
寸法切り
あらかじめ決められた寸法に順に切る断裁の方法。