台紙
便箋・伝票などの裏表紙に用いる厚紙(台天ともいう)。裏表紙に厚紙を用い天巻きする。または大型の豪華本の装丁に用いる本文台紙。絵画・写真・図版などを特両アート紙などに印刷再現した刷物を、ダイアペーク等の特殊用紙の台紙に貼り位置を示すトンボを印刷して額貼りする。
体質顔料 body pigment
屈折率が小さい透明性白色顔料。レーキ顔料の体質・インキの性質を変えるための混和剤や増量剤として使用される。
題簽(題簽貼り)(だいせん) 
外題のこと。外題を表紙に貼ること。
台天
裏表紙に厚紙を用いた天巻き伝票。
タイトバック tight back
上製本の背固めの一種。中身の背に寒冷紗・しわ紙をはり、表紙の背に接着し密着させてくるむ様式。角背の大型の上製本や絵本などに採用されることが多い。
題とびら title
とびら(扉)と同義。
大福帳
和本仕立ての帳簿にあたる。商家での売買の元帳・台帳などに使われていた。そのほか旅日記・奉加丁・寄付金名簿などにも使われた。寸法天地5寸(16cm)・左右一尺一寸(36cm)の麻の葉綴じ。
拓本 paper rubbing
本や石、または石碑や器物に刻まれた文字・模様を紙に写し取ったもの。その方法に湿拓と乾拓とがある石摺・搨本(とうほん)ともいう。
断ち切り bleed
写真・挿絵・図版等が仕上げ寸法より大きめに印刷されていて、仕上げ断ちの際に絵柄を落とすことがある。レイアウトのときにあらかじめ絵柄の一部が断ち落とされることを意図している場合がある。
断ち代 cutting margin/trim off/trimming margin
断ち代分として、背を除く天・地・小口の仕上がり線より3mm外側にある線。刷り本の断ち割り(大断ち)部分を示す線でもある。
断ち割り(断ち分け) cutting paper in size
付け合せの印刷物の場合、あら切りがそのまま化粧断ちになる場合をいう。
縦三方化粧
最大寸法を目的とした白紙の化粧断ちの方法。
縦三方化粧二度断ち
寸法統一、菱形修正、紙粉除去を目的とした白紙の化粧断ちの方法。
縦突き当て三方化粧
寸法統一、菱形修正を目的とした白紙の化粧断ちの方法。
縦ミシン・縦横ミシン perforation
ミシンを入れる方向。
(紙の)縦方向 machine direction/grain direction
抄紙のときに紙の流れる方向。紙繊維には縦方向に流れるものが多い。
(紙の)縦目 long grain
抄紙のさい、漉き網の上を紙料が流れた方向に沿って長く断たれたものを縦目という。紙の目を見分けるには、用紙の端を細長く切って水に浮かべる。紙片はカールするが、カールの軸になった方向が紙の目方向となる。枚葉紙は全紙寸法の長辺に繊維が平行に流れている紙を縦目(T目)、短辺に平行に流れている紙を横目(Y目)という。
畳紙(たとうし)
和紙に柿渋(かきしぶ)などを塗り、四方から折り畳む厚手の包み紙。結び紐を立てに1本・横に2本付ける。和服類の包装には一般には無地の鳥の子和紙を用いる。芯に板紙を使い布クロスなどで装丁したもので、畳紙形式の「つばくろ」がある。
ダブルリング綴じ
ツィンリングと同意。
タブレット tablet
粘土版に楔形文字が刻まれている。紀元前4000年頃、カルデアで行われた法律、契約書等。
タブロイド(タブロイド判) tabloid paper
A4、B4判程度の大きさの新聞。一般誌、スポーツ新聞等の大きさはブランケット判。中綴じ入紙掛け機械で丁合いを取り(針金は打たない)、枚葉印刷した刷本でページ数の多いタブロイド判新聞をつくる製本所もある。シガゴトリビューン(Chicago Tribune)がニューヨークで小型の絵入り日刊新聞を発行したのが最初(1919年)。
ダミー dummy
束見本と同意。
垂れ革表紙 circuit edge/gate folded cover
書籍の表三方のチリを大きくして小口にかぶさるようにつくった製本様式。まる表紙(薄表紙)のチリを中身の厚さの半分より少し大きめに折り曲げ、中身の三方を保護するようにした。総革表紙のバイブル(聖書)などに多い。こば折れ表紙ともいう。
単価 unit price
生産工程を清算して、製品数で割った単位あたりの料金。
断裁 cutting/trimming
断裁機、断裁作業、断裁オペレーター、繰り返し断裁、三方断裁のように、製本所では「断裁・・・」「・・・断裁」という言葉が多く使われる。断裁は紙や布地等をを断ち切る意味。
単式伝票(単票) 
一枚ずつ単独に記入して使用する伝票。1冊に伝票製本してあるが、1枚ずつの紙葉は同一の様式に印刷されている。裏カーボンは印刷されていない。製本の際、下敷き、カーボン紙等のセットは要求されないのが普通。便箋、メモ、レポート用紙、原稿用紙、届出用紙、入出金伝票、仕切り書、請求書、領収書等が単式伝票である。
段印
背票のこと。がんならびともいう。
タンニン鞣し tannin leather
動物の生皮を化学薬品でなめした。装丁用の革は少し硬めの方が作業性がよいのでタンニン鞣しの革が使われる。
単番
伝票のナンバーの打ち方の一つ。
段ボール corrugated fiberboard
主に外装に使われる包装用の板紙の一種。波型に変形した中芯の片面または両面にライナーを貼った。片面段ボール、両面段ボール、複両面段ボール、複々両面段ボールがある。段の細かさによってA・B・C・E段などに分けられる。破裂強度は5段階あり、収容する内容物の重量を規定している(JISZ1506)。
丹緑版(たんろくばん)
江戸時代の刊本。木版本の挿絵を紅と緑で印刷してあるのでこの名称がある。