ディスプレー display
デザイン用語。陳列、展示の意味。
底本 source book
翻訳や校訂などの元にする本。再版、復刻版のときの対象になる元になる本。
テープクロス
リボンクロスのこと。
テープ綴じ tare sewing
現在の糸綴じには、ナイロン糸などの強度を増した糸を使っているので行われないが、以前は背に木綿の平織りした幅10mmのテープを直角に当て、テープごと糸綴じして製本強度を上げていた。
手折り hand folding
手折りは竹の指輪で折るか、へらで折る。
出来本 finished book
完成本。
手丁合い gathering/collating
本の中身をページ順に揃え1冊の本にまとめる手作業。
粘帖綴じ(でっちょうとじ)
関連→胡蝶綴じ
手綴じ(手綴じ・てかがり) hand sewing
糸かがりを手作業で行うこと。
天 top edge/head
本の中身の仕上げ断ちした三方のうち上端の切り口。頭ともいう。
天金具
カレンダーの天の部分を締める金具。厚さ0.2mmの鉄板で、丁合カレンダーの天の部分を7〜8mm、折り返した形にそって「の」の字形に成形しプレスして綴じる。
天金 guilt top
小口装飾の一種。金箔または疑金箔を本の天だけに金付けしたもの。
典具帖(てんぐじょう)
包装用の薄葉和紙。
天染め staind top
小口装飾の一種。本の中身の天のみを染色絵の具を塗って装飾する。
天揃え
天合わせと同じ。
天地
本の部品名を参照。
天糊り pad
便箋・原稿用紙・単式伝票・メモ帳等の背がため。一枚ずつ剥がすの容易に出来る。複写伝票のように感圧紙で1セットになっているものは、1セット1セットの間にセパレートワックスが入り、一定枚数毎に剥がせる。
伝票製本 
伝票製本には次の三つがある。単式伝票は1枚ずつ単独に使用する伝票で、員数機で中身の枚数を数え表紙、台紙を入れて背固めしてマーブル紙で巻いて仕上げる背巻きが多い。複写伝票は複写可能な伝票で、枚葉印刷機で印刷された刷本を丁合機より丁合いし、背固めしてマーブル紙で背巻きすることが多い。切り取りミシンを入れるミシントジクロス巻きや、複写の1組ごとに糊固めするワンセット伝票もある。連続伝票はビジネスフォームまたは単にフォームともいい、コンピューターで用いられる縦に長く連続した伝票で、コレ-ターバスター機で丁合すると同時に番号印刷・糊付け・断裁などの作業も行う。伝票製本の工程では穴あけ加工・切り取りミシン入れ加工・箔押加工・番号印刷などの工程が、製本工程の前後、または同時に行われることが多い。
天袋 closed foot(head)
折り丁の天が袋状になる印刷版のかけ方や折りかたをいう。
澱粉糊 starch
天然系接着剤。<澱粉粉の適性使用>巻き見返し・継ぎ見返し・見返し糊入れ・革表紙貼り・見返し額貼り・帙類の裏貼り・別丁の貼り込み・絵本の合紙貼り・板紙の合紙など。
天巻き
背を接着剤で固めて綴じ、マーブル紙等を巻いて1枚ずつ剥ぎ取れるようにした伝票。天糊だけで仕上げたものではなく、背巻きしている。ゾロックともいう。