地 tail edge/bottom/foot
本の中身の仕上げ断ちした三方のうち下部の切り口をいう。
チェックナンバー
整理番号を参照。。
力紙 paper strip
ノド紙、ノド布。巻き見返しをする際に、二つ折りした見返しのノドの部分や見返し紙と折り丁を一体にするために、その上を布や紙などで補強する。もっとも力がかかって壊れ易い部分に補強する紙。
竹簡 bamboo strip
紙の発明以前に用いられた竹製の札。
地券紙
古紙を原料として製紙された下級紙。硬質が薄い。
地図用紙 atlas paper/map paper
精密な地図の印刷に適した紙で、耐折、耐湿性に優れ、強靭で平滑度が高い。
帙(ちつ) folding case
和本を包んで保存する装具の一つ。巻子本を数本まとめて包むために作られたのが起源といわれる。
千鳥出し
クリスクロスのこと。
着色箔
蒸着箔の出現で現在は生産していない。
茶こうぬり
帳簿製本の小口色付け。パラ吹きつけともいう。
中性紙 alkaline paper
中性およびアルカリ性条件下で抄紙した保存性の良い紙。
丁(ちょう)
表(奇数ページ)・裏(偶数ページ)2ページ分のペラを一丁と呼ぶ。和本の製本では、二つ折りした袋とじ物1枚を一丁と呼んでいる。
丁合い gathering/collating
製本の際、中身をページ順に揃え、1冊の本に纏める作業。本・カレンダー・伝票等の冊子がページ順に紙葉が揃うように、紙は・折り丁を順序正しく重ねる。
帳型 landscape(イギリス)/oblong(アメリカ)
天・地のそれぞれの長さが小口・背よりも長い横長の本。横開き、長型、蝶型ともいう。絵本、写真集、カタログ等にある。
調湿紙 stabilized paper
水分含有量をあらかじめ決めた水準に設定した紙。
丁数
書籍・帳簿などの小口の枚数をいう。表・裏面ページを一丁として数える。
丁付け pagination/paging
袋とじ和本に丁数を書き加えること。その数字も指す。洋装本でもページ番号を入れることをいう。
帳票
帳簿、伝票類の総称。
帳簿製本 account book bookbinding/blank binding
会計帳簿などの製本様式の総称。一般出版物とは異なり、大きさ、体裁など一定の規格に従って製本する上製本に限定される。帳簿類は長期の使用・保存に耐えるとともに、改竄、改装できないように高度の製本技術を要求される。
チラシ leaflet/handbill/flyer/pamphlet
広告宣伝の重要な媒体。新聞に折り込みしたり、店頭に置いたり街頭で配布する。
(製本の)チリ square
本の表紙より中身が出っ張っている部分。中身を保護するとともに体裁上からつけられている。
チリなし製本 books without aquara margin
仮製本のことをいう。