透気度 air permeability of paper
紙の一定面積を一定量の空気が一定圧力の下で通過するのにかかる時間のこと。
東京丁合い
手丁合い。
礬水引き(どうさびき)
膠液を明礬水溶液と混合した「どうさ」を、和紙に引くこと。墨・インキ・絵の具などのにじみ止めや和紙の毛羽立ちを抑えるために使う。
通し impression 通しページ
分冊された書籍や雑誌の全巻を通じて連続したページ。定期刊行物の中でも、1年分を通してページをつけることがある。「通し」は通算してという意味になる。
通しノンブル
追い丁のこと。
特殊折り
紙折りは、書籍・雑誌とうをつくるための4ページ・8ページ・16ページ等に直角折りした折丁をつくるのが基本だが、羽折り機(バックル折り)が広く使われるようになり、様々な折り方が主に商業印刷物で行われるようになっている。
特殊判
規格サイズにない判型。寸伸び、異形、異判等の言い方もある。
床革 flesher
羊革を3枚に割ったへぎ革のうち、1番下の部分。
綴じ sewing/stitching/binding
本の中身が散逸しないように結合させること。糸・針金・接着剤・スパイラル(リング)等で綴じる。
綴じ穴
伝票類は保存上、あらかじめ綴じ穴を開けて製本する場合が多い。一般にパンチ穴と呼ばれ、JISで穴の直径や間隔が決められている。
綴じ糸 sewing thread/thread
本の背を綴じる場合に用いる糸。絹(和綴じ用)・木綿・化繊・麻などがある。
綴じ込み表紙 mechanical bind
紐を通して紙葉を綴じるための表紙。文房具として一般事務・会社等の書類整理等に使われる。ファイル・バインダーの一つ。
綴じしろ binding margin
製本のとき、平綴じまたは穴あけをするために設定する余白のこと。
綴じ見返し
ノド布で継ぎ貼りした見返しを本文の巻頭と巻末に貼り付け、ミシンをかける。継ぎ見返しの一種。
綴じ目
本のノドの部分。本を綴じるときの穴の位置。ミシン綴じをしたときミシンの縫い目の間隔。
図書館製本 library binding
@図書館用に特別丈夫に製本した本。A本を合冊・改装・修理などによって再製本すること。図書館の在庫本の修復などを行う。もろほん・諸製本と呼ばれた。
図書レーベル book label
図書館等で本の整理の為に表紙の裏に貼るレーベル(ラベルのこと)。
扉 title-page/inside title/title
前つきの一種で見返しの遊びの次に位置し、書名・副題名・著者名出版社名などが印刷される。本文より上質な厚手の紙を用いるのが一般的である。表題紙ともいう。
扉絵 vignette/illustration/headpiece/cut
口絵のこと。
止めミシン
返信用ハガキなど印刷物の一部分を切り取るため、紙の端から端まで通すことなく、必要な箇所で止める切り取りミシンのこと。T字ミシンともいう。
共紙(ともがみ)
書籍や雑誌類の付き物を本文と同質の紙で作ることをいう。パンフレット類に多く見られる。
共綴じ
表紙と中身を同時に針金綴じすること。
ドンコ穴 punch hole
ルーズリーフ、伝票等をバインダーにとじるために開ける穴。角・丸型がある。規格が定められていて、穴の直径は5〜6mm、穴の中心から中心までの間隔は9.5mm、紙の端から穴のへりまで3.5mm、紙のへりの中央に対し穴は対称の位置にあること。
緞子織り(どんすおり)
金襴緞子(きんらんどんす)等、紋織りの織物。製本装丁用には化繊糸を使ったものが用いられる。
トンボ register mark
多色印刷の各色判の刷り合せを正確にするための目印。印刷体裁の指標および製本加工の指標として使用するマーク。0.1mm程度の罫線で示され、十字・カギ形等、用途によって形状が異なる。