ツインリング(ダブルリング綴じ) twin-ring
螺旋綴じの場合、本を開いたときに右ページと左ページで天地方向に多少ズレがでる。このズレを解消した螺旋綴じが「ツィンリング」である。
ツーショット two shot
ホットメルトを二層で塗布する無線綴じの製本方法。
通帳 bankbook/passbook
銀行通帳、郵便通帳が通帳製本の主なもの。金融機関のコンピュータ化が進むにつれ、機械が自動で記帳できるように、精密な仕上げが要求される。
束(ツカ) bulk
表紙を除いた本の中身の厚さ。
束見本 bulk and dummy book/dummy
書籍や雑誌の出版企画の段階で、その本の仕上がりと同様に作った見本。編集・印刷・製本の作業見本として白紙で作った本。また、仕上がりを見込んで一部印刷して作った見本。
付き付け tight joint
溝つきに対する上製本の表紙の仕立て方の一種。表紙の平の板紙と背紙の間に3mm程度の狭い溝を開けて貼るので、出来あがった本の耳と板紙の間が密着して本の外観が平らであり、溝の部分に起伏が無い。丸背でも角背でも行われる。
突き出し見出し
爪かけと同意。
継ぎ貼り tipping
継ぎ見返しのときの見返しを貼る作業。または継ぎ表紙のとき表裏の表紙を継ぎ合わせて1枚に仕立てること。
継ぎ表紙 quarter cover/quarter bond/half bond
表表紙と、背文字を含む裏表紙を別々に印刷し、後で継ぎ合わせて1枚に仕立てた表紙。月刊誌などに多く見られる。
付き物(付け物) annexed matter/appendix/supplement
書籍や雑誌の本文以外の扉・口絵・ハガキ・売上げカードなどの付属印刷物を総称して付き物という。
繕い mending
図書館製本における修理法。中身と表紙を離すようなことまで行わない簡単な修復。
綴り込み表紙
とじ込み表紙と同義。
繋ぎ部 hinge/joint
綴じ小口やノドの部分で、中身と表紙の両方につながって、繋ぎの役割を果たしている部分。
燕(つばくろ)
帙仕立ての一種で、形状は「たとう」に近い。四方のおおい(蓋)の部分がつばくろの羽に似ていることから生まれた名称。二本の結び紐が付けられる。
爪掛け(切り込みインデックス) thumb index
本の小口装飾の一種で、辞書・各種便箋・六法全書等のページ数の多い厚い本に行われる。本文内容を本を開く小口側から検索しやすくするために、小口の一部を半球状、船底形、段状に切り込み、指先を掛けやすくしたもの。
艶消し
小口装飾の色染めに特に艶をでないようにすること。染料に胡粉やゼラチン等を用いる。
艶だし
小口装飾の仕上げ作業。本の小口に金付けしたり、色塗りしたときに、金ころ・牙・メノウ石等で光沢が出るように磨く。