ワイヤー面
紙には表裏の区別がある。抄紙機で製紙のさいに金網に接触する面が裏面で「ワイヤー面」という。表面と裏面では、平滑度・表面強度等に違いがあるものがある。
和漢装本
中国から朝鮮半島を経て、わが国に伝来して定着した書物。またはその装丁の種類。巻子本・折本(経本)・粘葉本・旋風本・列帖装・糊入れ画帳・四つ目綴じ・亀甲綴じ・麻の葉綴じ・康綴じ・唐本・大和綴・大福帳・半取帳など。総称して「和本」という。
和紙
雁皮(ガンピ)、楮(コウゾ)、三椏(ミツマタ)が主原料。わが国の伝統的な手漉き紙。産地の名をつけて多種の和紙が或る。
和製本
和本仕立ての製本。和本・和装本と同じ。
綿入れ表紙 padded case
ふくらみをもたせた表紙。表紙を作る際、ボールと平貼りするクロス等の間に綿を入れて、表紙に厚みと弾力性、柔らかな感触をもたせる。最近は綿ではなくポリウレタン等のスポンジが入れられる。アルバムの表紙等に使われる。
渡り
ノドを中心として左右に向かい合った2ページについて、左側版面の左側から右側版面の右端までの寸法。
和丁
和本につける丁付けの方法。和数字を用いる。
和綴じ
和本の綴じかた。四つ目綴じ・高貴綴じ・亀甲綴じ・麻の葉綴じ・大和綴じ等種類が多い。
和綴じ帳簿
大福帳や半取帳のような和綴じで作られた帳面。
和本 Japanese binding
わが国で古くから行われている製本の様式。西洋式の製本に対して「和装本」「和製本」ともいう。
ワンセット伝票
同意→セット物。
ワンタイムカーボン紙 one-time carbon paper
機械印字の複写性を備えているカーボン紙。ノーカーボン(感圧紙)でない複写伝票にはカーボン紙を丁合いする。
ワンプ will wrapper
包装紙のこと。紙質が強く、防湿性がある。